助けを呼ぶ確率アップさせる方法と乱入するポケモンの法則!

スポンサーサイト

サン・ムーンでは、野生のポケモンが「助けを呼ぶ」で別のポケモンを呼び出すことがあります。戦闘に時間がかかる、複数いるとボールを投げることができないといったデメリットはありますが、実は大きなメリットも確認されているのです。

特に、バトルを重視する人は必ず知っておくべきメリットですよ。

助けを呼ぶのメリット

1)経験値、努力値を多く稼ぐことができる

次々とポケモンが出てきますから、経験値や努力値を一度のバトルで効率良く稼ぐことができます。特に、特定の努力値を集めたい場合には重宝することでしょう。

2)隠れ特性(夢特性)や高個体値ポケモンが手に入りやすい

呼ばれて出てきたポケモンは、隠れ特性という珍しい特性をもっていたり、高い個体値であったりします。バトル用のポケモンの厳選には欠かせません。

隠れ特性もちや高個体値ポケモンは、何度も呼び出されたほうが出現する確率が高くなっています。

3)進化後のポケモンが手に入る

ピチュー→ピカチュウ、イーブイ→エーフィのように、進化後のポケモンが呼び出されることもあります。なつき度など、レベルアップ以外の特殊な進化条件があるポケモンは、こうして捕まえることができれば、図鑑埋めがはかどることでしょう。

助けを呼ぶの確率を上げる方法

助けを呼ぶが発生する確率は、以下の方法で上げることができます。

  • 相手ポケモンのHPが減る
  • トレーナーがビビりだまを使う

その上で、実際に乱入してくる確率は以下の状況で上がります。

  • 前のターンに同じポケモンが助けを呼んでいる
  • 前のターンに助けを呼んだが乱入がなかった
  • 助けを呼んだポケモンが、そのターンにこうかばつぐんの攻撃を受ける
  • 「いかく」「きんちょうかん」「プレッシャー」の特性をもったポケモンがバトルに出ている

助けを呼ばれたくないときは早いターンで撃破すること、助けを呼んでほしいときには、相手のHPを減らした状態をキープしながら戦うようにしましょう。

関連アイテム

スポンサーサイト

コメントお待ちしております