カバルドンのおすすめ育成論と厳選方法!

スポンサーサイト

「カバルドン」の入手方法や育成方法などをまとめました。参考にしてください。

入手、厳選方法

入手方法

サン・ムーンで入手することはできません。過去作から連れてきましょう。

ヒポポタス カバルドン (レベル34で進化)

厳選方法

過去作において高個体値厳選を行なうか、あるいはサン・ムーンで高個体値メタモンを使って厳選しましょう。

ビビリだま連鎖で高個体値メタモンを簡単に捕まえる方法!

育成 やりこみ攻略
サン・ムーンでは、野生のポケモンの「仲間を呼ぶ」を繰り返すことにより、確定で...
続きを読む

カバルドンおすすめ育成

特性

すなおこし 」・・・戦闘に出ると5ターンの間、天気がすなあらしになる。

すなあらしの環境下では、いわタイプのポケモンの特防が1.5倍になるほか、いわ、じめん、はがねタイプ以外のポケモンは、毎ターン最大HPの16分の1のダメージを受けます。それ以外にも影響を受ける技や特性もあります。

いわタイプでないため特防アップの効果はありませんが、それでも十分に有用な特性です。

性格

攻撃と特攻では明らかに攻撃が高いので、特攻を下げる性格にするのは確定です。ここから何パターンか考えられますが、攻撃、防御、特防いずれかを上げる型がよく見られます。

「いじっぱり」(攻撃UP、特攻DOWN)
「わんぱく」(防御UP、特攻DOWN)
「しんちょう」(特防UP、特攻DOWN)

努力値・個体値

今回は耐久に重きをおいた型を紹介します。努力値はHPにまず振ります。そこから防御、特防に振り分けますが、今回は種族値の低い特防に多めに振る方をおすすめします。

個体値では、HP、防御、特防を特に重視して厳選しましょう。

ステルスロック :相手はポケモンを交代するたびに、出てきたポケモンが最大HPの8分の1のダメージを受ける。ダメージソースに。

あくび :次のターンの終了時に相手を2~4ターンの間ねむり状態にする。相手が交代したら無効。

ふきとばし :必ず後攻になるが、相手のポケモンを強制的に交代させる。

まずはステルスロックをまきます。その後あくびをし、眠ってしまえば攻撃。交代してステルスロックがささるならそれもよし。ふきとばしで強制的にダメージを与える手もあります。

残り一枠は、タイプ一致の「 じしん 」か、素早さを落とす「 がんせきふうじ 」あたりが有力。

アイテム

ゴツゴツメット :直接攻撃を当ててきた相手のHPを、最大HPの6分の1減らす。

オボンのみ :HPが2分の1以下になったとき、最大HPの4分の1を回復する。

ゴツゴツメットでいやらしさをとことん追求するか、オボンのみでより長く居座るか。

関連ポケモン

スポンサーサイト

コメントお待ちしております